カードリーディング

アファメーションカードとは?


アファメーションカードの「アファメーション」とは、英語の「affirmation」という言葉で、「肯定」「断定」などといった意味があります。例えば「私は○○が出来る!」と宣言することが、自分自身にとって肯定的な宣言だと言えます。

私が、カードリーディングメニュー、対面セッションのメニューすべてに、「アファメーションカードのメッセージを追加」することは、オラクルカードやタロットカード、チャネリング、スピリチュアルリーディング、サイキックリーディングに上乗せして、「その時に一番、お客様がお客様に言ってあげる必要がある言葉」を、お伝えしたいからです。

他人に言われて嬉しい言葉は、もちろん誰にでもあります。「可愛いね」「素敵だね」「頼もしいね」「冴えてるね」などなど、誰かに褒めてもらえたら誰でも嬉しいですし、「自分はこれで良いんだ」と思えます。

でも、「自分はこれで良いんだ」という判断、指針を、誰か他の人に任せて良いのでしょうか?

他の誰かに言われたその一言を言って欲しいのは、本当は誰でしょう?

本当にそう言って欲しいのは、本当はお客様自身の口からでは、ありませんか……?

私はカードリーダーですから、カードを引いてその結果をお渡しすることが、仕事です。結果を見て、そこからお客様がどう行動して、どうやってご自分の道を切り拓いて行かれるかは、傍でお手伝いは出来ても、お客様の手の代わりにはなれません。ですから、アファメーションカードを引いて、その結果をお客様にお渡しして、お客様の口からお客様自身に、言ってあげて欲しいのです。

アファメーションは、勇気をくれますし、癒しもくれます。安らぎをくれる時もあれば、ずっと心に秘めていた傷を開くこともあります。心の傷を開くということは、当然痛いですし、辛いですし、悲しいですし、しんどいです。また目を逸らして、塞いでしまいたくもなります。でもそのアファメーションが、その時にお客様にもたらされたということは、「その心の傷を癒す時が来た合図」なのです。「痛かった自分」「辛かった自分」「悲しかった自分」を優しく抱きしめて、頭を撫でて、そして、アファメーションと共に「もう怖くないよ」と言ってあげて欲しいのです。

アファメーションカードとは、痛みと辛さと悲しみを抱えても、今ここまで来たお客様を、ずっと支え続けてきた心の中の「あなた」を、思う存分褒めてあげるための、ツールでもあります。

もちろん、叱咤激励するカードもあるのですが、それはそれです。

必要ない場合は、断って頂ければ幸いです。


お問い合わせはこちら>>>kodachiamano@gmail.com